一人暮らしの掃除機の選び方とオススメ掃除機4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
817fcd3a0c5c6cb10ff8ff69fe05597c_m

一人暮らしを始めるにあたって必要な掃除機。毎日の気持ちのいい空間を作り出すためには掃除機は欠かせないアイテムになります。ただ、実際に選ぶとなると、意外と種類があって迷ってしまうと思います。

新しい掃除機を使って、掃除が楽しくなるような一人暮らしのライフスタイルに合った掃除機の選び方をお伝えします。

都心人気エリアの賃貸物件が月8万円〜!?

一人暮らしでの掃除機の必要性

掃除機は実際必要なのか

掃除機は毎日の生活の上で必要なアイテムです。なぜなら、掃除機での掃除は床だけでなく、窓の冊子の部分や届かない狭い細い部分にも威力を発揮するからです。

しかし、一人暮らしでは掃除機は必要ないという人も多いのではないでしょうか。ただこれは、「フローリングであれば、ラグやカーペットを引いてなければ」という条件での場合です。例えば、クイックルワイパーのみでは、カーペットなどをめくりながら掃除しますし、ワイパーの幅が決まっているので、それ以上に狭い部分は掃除ができません。また、見えないほこりが残りやすいので、週に2~3回程度の掃除が必要で、掃除機を使ったときよりも掃除の回数が多くなります。

掃除機があれば、床に何か敷いてあったりしても大丈夫ですし、狭い場所でも専用のノズルを使えばきれいに掃除できます。そして、掃除の頻度も週に一回程度で済みます。

一人暮らしの中で無くてもよさそうですが、掃除機こそ必要なアイテムです。

届かない所も掃除ができる万能アイテム

高くて背が届かない場所や狭くて細い場所など、普段は届かない場所まで掃除ができます。また、見えないほこりもしっかりと吸引してくれます。

一台買えば費用は掛からない

種類によりますが一台持っていると、費用は掛かってきません。これがクイックルワイパーですと、使うたびにシートを取り替えたりしなければならないので、少なからず費用は掛かります。

掃除機選びのポイント

掃除機を買う前のチェックポイント

◆吸引力

掃除機の性能で重視されるのが吸引力。その目安の1つとなるのが、「吸込仕事率」です。吸込仕事率とは、モーターのパワーにより空気を吸い込む能力を数値化したもので、W(ワット)で表されています。紙パック方式の場合は500W、サイクロン方式の場合は200W以上あれば十分でしょう。

実際にゴミを集める能力はブラシの性能や床の環境にもよりますので、あくまで吸い込む力の目安として参考にしましょう。

◆排気性能

サイクロン式掃除機でも紙パック式掃除機でも、気になる排気のニオイ。ペットの毛や食べ残しなどニオイのついたものを吸い込むとどうしても排気のニオイが気になってしまいます。最近では排気のニオイを抑える構造や仕組みをもった掃除機もでていますのでぜひチェックしてみてください。

また、気持ちよくお掃除するために、排気のクリーン度にも注目しましょう。排気のクリーン度を示す数値は、「捕集率99.999%」などと表示されています。 目安はHAPAフィルターもしくはULPAフィルターを搭載しているかどうかです。この二つのフィルターは、空気・排気のきれいさを求められる病院の手術室などの環境で(掃除機というより空調で)使われる超高性能フィルターになります。微細なホコリの99.97%~99.9995%を捕塵する性能を持ちます。

◆静音性能

早朝や夜の時間帯の掃除の必要がある場合は、「音の静かな掃除機」を求める方々もいると思います。運転音の項目に注目しましょう。サイクロン方式では52~56dB、紙パック方式では55~59dBが比較的静かな部類になります。(数字が低い方が静かです)。しかし、掃除機のパワーに比例するところもありますので、ついでの感覚で選ばれるのが良いでしょう。

◆本体の重さ

階段や棚掃除、お部屋の移動など何かと持ち上げることも多い掃除機。ゴミの吸込みや静音性を高く維持する為には、掃除機本体が大きく重くなってしまいがちでしたが、最近では高い性能を維持しつつ軽量にコンパクト化を実現した製品も登場しています。

◆手入れのしやすさ

意外に見落としがちですが、掃除のたびに掃除機のブラシヘッド部分にはチリ・ホコリや糸くずなどの汚れが付着します。この汚れは衛生面が気になるだけでなく、放っておくと掃除機の吸い込みを悪化させる原因となってしまい、消費電力も上がってしまいます。また、ブラシだけでなく本体やダストBOXなどのお手入れのしやすさも掃除機選びのポイントです。

紙パックがいいかサイクロンがいいか

掃除機のゴミの吸い取り方には2通りの方法があります。紙パック方式とサイクロン方式です。キャニスタータイプやスティックタイプでは、この2つの集じん方法からも掃除機を選択できます。

集じん方法

紙パック方式

サイクロン方式

メリット 紙パックごと捨てられる簡単さ。 ランニングコストがかからない。
中が密封されているため吸引力が強い。 取り込んだ空気がゴミと排気に分離されるため吸引力が持続する
デメリット 紙パックを定期的に交換する必要がある。ゴミがたまってくると吸引力が落ちる。 吸引力低下を防ぐためにも、こまめにごみを捨てないといけない
紙パック代がかかる。 ダストカップからゴミを捨てるときに、若干、ゴミが舞ってしまう

※オススメは紙パック方式です。吸引力が強く手入れが簡単です。衛生的でゴミの集容量も多いため、吸引力を持続できます。

掃除機のタイプ紹介

収納に困っている人→スティックタイプ

スティック シャープ

引用:価格.com

本体に直接ヘッドがついているタイプです。縦置きもできるので、収納スペースが限られた一人暮らしにはオススメのタイプです。サイズもコンパクトで、コードレスタイプもあります。

◆オススメの人:一人暮らしでも収納が少ないという人。

◆価格帯:3,000円前後の非常にお安いものから20,000円を切る程度のものが多いです。

ちょっと気づいたときにサッと使いたい人→ハンディタイプ

daisonn ハンディ

引用:価格.com

充電もしくは電池式で気軽に使えるタイプです。ふと気づいたちょっとしたときに使えるコンパクトタイプ。コードがまとまりやすい部屋の端やフローリングの角などの使用に便利です。ただし、これだけでは掃除がきちんとできないので、キャニスタータイプやスティックタイプ、クイックルワイパーとの併せ持ちが必要です。

◆オススメの人:小さなゴミも見逃せない綺麗好きな人。

◆価格帯:1,500円前後のお手頃なものから15,000円程度のデザイン性にものまで多くのタイプがあります。

自分の時間を有意義に使いたい人→ロボットタイプ

ルンバ

引用:価格com

自動で部屋の掃除をしてくれる、賢くて頼りになる掃除機です。ただ、値段が高く、障害物が多い部屋には使いにくいというデメリットがあります。

◆オススメの人:自分の時間もしっかり使いたい人。部屋の床がフラットな人。

◆価格帯:40,000円前後のものから80,000円程度の最新のものまで、高額価格帯になります。

しっかりと掃除をしたい人→キャニスタータイプ

pana 紙パック

引用:eベスト

キャニスタータイプは、最も一般的でなじみのあるタイプです。吸引力が強く、性能や機種も様々です。最近は女性持ち運びしやすいにも軽量タイプや、排気の匂いが気にならないタイプもあります。

◆オススメの人:掃除を良くする人。掃除機の収納に困らない人。

◆価格帯:6,000円前後のお手頃なものから25,000円程度と多くのタイプがあります。

一人暮らしにオススメの掃除機

1R・1Kに住んでいる人にオススメ

洋室が6帖から8帖のオーソドックスな一人暮らしのお部屋の場合はスティックタイプがオススメです。特に収納を気にする方は、このタイプは便利でしょう。また、静音性・手入れのしやすさを重視して選ぶと良いでしょう。

FREED EC-SX200

サイクロン スティック

引用:SHARP

ノズルを外してハンディタイプにもなるので、背の低い場所への収納も可能です。充電式のコードレスタイプで、吸引力は公表されていませんが、小さなボディに高い吸引力を搭載しています。

◆メーカー:シャープ 

◆金額:23,800円

◆使用者の声

・吸引力充分。軽く 本体が小さくコンパクトで場所をとらない。バッテリーを取り外して充電できるので充電中場所をとらない。充電時間も80分程度で済む。

・非常に軽くて一人暮らしするにはちょうど良い。自動モードで掃除していれば、フローリングの掃除には問題なし。

引用:Amazon

TC-E105W

tuinn

引用:Amazon

 10,000円を切ってくるお手頃なスティックタイプのサイクロン掃除機になります。排気口を前方に設置し、床面のゴミを巻き上げにくい工夫がしてあります。吸引力は特別強いというわけありませんが、一人暮らしのフローリング中心の床面を考えると悪くはありません。また、自立式なので、置き場所にも困りません。

◆メーカー:ツインバード工業 

◆金額:8,325円

◆使用者の声

・この商品は吸引力もばっちりでほとんど吸ってくれるし、もしゴミじゃないものを吸っても中は透けてるので何を吸ったかわかる。「ゴミ捨てライン」の部分までゴミが溜まるのに結構時間がかかるので何回もダストケース開けずに済む。

・結構しっかりした作りですので、へんにガタガタしません。私の家は全部フローリングなのですが、埃や髪の毛などはスイスイ吸い込みました。

引用:Amazon

1DK・1LDKに住んでいる人にオススメ

広めの一人暮らしの壁の厚い1DK~1LDKタイプのしっかりしたお部屋なら、キャニスタータイプがおススメです。コンセントをさして、一定の強い吸引力でしっかりと掃除をしましょう。

MC-PK16A-P

41fajwD1RdL

引用:Amazon

紙パック方式の昔ながらの代表的モデルともいえるタイプです。軽さと強さを両方そなえた「軽量コンパクトモデル」になり、強力パワーで気軽にお掃除できます。吸込仕事率:580W~、本体質量約2.7kg(付属品含む:4.0kg)と軽いのにしっかりと吸引できる優れものです。性能の割には比較的安く、高級感もある仕様です。

◆メーカー:Panasonic 

◆金額:15,950円

◆使用者の声

・可愛くて吸引力もあり購入して良かったです。掃除が楽しくなりそうです。

・パナソニック製の掃除機は紙パックの着脱もとても簡単でよいですね。本体も軽く、フローリングメインの我が家には、この中位機種で十分です。億劫だった掃除が楽しくなってきました。

引用:楽天市場

トルネオV(TORNEO V) グランレッド VC-SG512(R)

41OfK-k7DTL

吸込仕事率:200W 、運転音:64dB-約58dB、本体質量/標準質量:3.3kg/4.7kg。

常に掃除機のランキングで上位にいる「トルネオ」シリーズ。従量3.3㎏とは思えない軽さが人気となっています。ホースとノズル部分が従来の掃除機に比べ圧倒的に軽いので、掃除の場所を選びません。吸引力・軽さ・静かさの三拍子そろったサイクロン掃除機です。また、吸い込んだゴミは2つの気流でゴミと空気を分離・圧縮し、ごみの舞い上がりを防ぎます。

◆メーカー:東芝 

◆金額:29,800円

◆使用者の声

・ゴミを捨てる時に、フィルターを毎回掃除していますが、結構吸引力もあり、微細なゴミもしっかりと吸い付いております。

・軽さ最高!に尽きます。

・吸引力は強いのに、音は小さいです。最初はゴミを吸っているか不安になるほどでした。満足しています。

引用:Amazon

まとめ

 掃除機は毎日の生活の上で必要です。一人暮らしで、快適な空間にむためも自分に合った掃除機を選びましょう。新しく掃除機を買えば掃除が楽しくなるという方も多いようです。

毎日を気持ちよく過ごすためにも、自分に合った掃除機を選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様に寄り添うコンシェルジュとして
お部屋探しの無料メール相談受付中!!

お部屋探しをしていたら、「友達に自慢できるお部屋に住みたい!」「お気に入りのマンションに住みたい!」 などとみなさん考えますよね。

限られた予算内で、皆様が「最高の毎日を送りたい」という希望を叶えるために、

  • 初めての一人暮らしだけど、おすすめの駅から丁寧に教えて欲しい
  • ネットや不動産屋を探しまわるのは面倒くさい
  • 満足する物件がないのではないか

など、お部屋探しに対して少しでも悩み・不安を抱えていらっしゃるのなら、お気軽に無料相談へお問い合わせ下さい。

あなたにぴったりのをお部屋をご提案させていただきます。


お部屋探しの無料メール相談受付中

ご購読にはtwitter、feedlyが便利です

コメントを残す

*

PAGE TOP