一人暮らしの食費を3万円以内に節約したい人に必見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1933844d2a87b209116a05b44bf81443_m

何かとお金がかかる一人暮らしですが、できれば出費はなるべく安く抑えたいですよね。

生活費の中で一番削りやすいところが食費です。一般的な一人暮らしの食費は1ヶ月4万円前後と言われたりしていますが、毎日外食していれば一人暮らしでも5万、6万とかかってしまう場合もあります。

ここでは、一人暮らしの食費の平均費用から、食費を3万円以内に抑える節約法まで、お伝えしていきます。

都心人気エリアの賃貸物件が月8万円〜!?

一人暮らしの食費平均

2015年に発行した総務省統計局のデータによると、一人暮らしの食費平均額は37.486円です。

ただしこの統計では、40,000円を超える可能性がある「外食が多めの社会人」や「富裕層」も含んでいるので、一般人は30,000円以下というのが平均の目安になります。

一人暮らしの食費を3万円以内に節約

ムダな食費を減らす

一人暮らしの食費は、考え方を改めたり日常行動を改善すれば、すぐにムダな出費が減らせます。

コンビニに立ち寄らない

スーパーなどと比べて割高なコンビニ商品を買わなくて済む

例えば、スーパーでお弁当が400円で売られていても、コンビニでは500円で売られていたりします。

余計な物まで買ってしまう可能性がなくなる

コンビニに雑誌を買いに行ったけど、お菓子を見ていたら買ってしまったとか、弁当を買うついでに飲み物を買ってしまったりしがちです。ムダな出費が減ります。

1週間単位で食費を設定する

はじめに1ヶ月の食費を決めてから、主食であるお米代・乾麺代・食パン代などを差し引いて、一週間で使う食費を決めましょう。こうすれば、ムダな食費の出費が防げます。

主食については、お米を主食にすることをおススメします。

なぜなら、現在は小麦粉の値段が高騰し、お米の値段は下がっています。さらには、お米を2kgより5kgを買えば費用を節約でき、冷蔵庫保存で長持ちできます。

このお米を主食とすると、お米の消費量を1ヶ月で5kgと想定して料金は3,000円程度です。そうすると、1ヶ月の食費は27,000円で、一週間の食費は6,750円の設定となります。

野菜は安い店で買う

良心的な八百屋で定休日の前日に買う

八百屋では休み明けまで野菜を保存するのが難しいため、休みの前日までに八百屋は売り切ろうとするので安くしてくれる可能性が高いです。さらに、八百屋と仲良くなると、たくさんオマケしてくれるかもしれません。

 無人販売所で買う

無人販売をしているところがあれば、安くて新鮮な野菜を買えるところが多いいです。近所のスーパーの相場は把握して、上手に使いましょう。

スーパーをチェックする

普段から利用する電車の沿線で駅から近いスーパーなどの値段や特売日をチェックすると、食費を節約できます。

さらに、ポイントの設定やマイバック持参などでスーパーごとにお得なサービスがあったりしますのでチェックしましょう。

ワンルームナビおすすめの高還元率スーパー系カード

セブンカードプラス(イトーヨーカドー系)

初年度年会費無料でクレジット支払いでも電子マネー「nanaco(ナナコ)」支払いでもnanacoポイントがたまる、便利でおトクに貯るカードです。

イトーヨーカドー、ヨークマート、セブン‐イレブン、デニーズ:200円=3ポイント付与。さらに、8のつく日は5%OFF!対象商品購入するとさらにボーナスポイントがたまります。

イオンカードWAON一体型(イオン系)

年会費無料で電子マネー「WAON」と一体化でスムーズな支払ができます。毎月20・30日はイオングループで5%OFFになります。

スーパーで一週間に数回安い日に、安い食材だけを予算内で購入

食べたい食材ではなく、安くなっている食材だけを数回予算内だけで買いましょう。一週間に一度だけの買い物でまとめ買いをするよりは、数回で安い物だけを買ったほうが節約できます。

冷凍保存する

冷蔵庫へ保管していた野菜類は、カットしてそのまま冷凍保存出来るものは冷凍保存しましょう。そして、肉などは買ってきた日に冷凍庫へ保存しましょう。

まとめて料理をする日を一週間に1日、決める

冷凍保存できるおかず類をひたすら作り、ラップやタッパーに入れて冷凍保存すると節約できます。

お昼ご飯はお弁当を作る

まとめて料理をした日に、お弁当におかずを入れるカップにつめて冷凍保存しましょう。飲み物はペットボトルに入れ凍らせて、100円ショップで売っている保冷カバーに入れお弁当と一緒に持っていくと節約できます。

簡単自炊レシピで節約する

食費を3万円以下に減らすためには、外食やコンビニ弁当などの出費を抑え、安い食材を選び、自炊することが基本です。

では、具体的に食費を節約できる安くてお得な食材を6つ紹介します。

安くてお得な食材を選ぶ

・鶏のむね肉など

もも肉よりむね肉のほうが脂質が少なくヘルシーな上、お値段も安く済みます。

相場は100g70円程度で、夕食1食分で150g~200gを使う目安です。

・おから

ハンバーグに混ぜてかさを増すことができたりします。

お豆腐屋さんで、貰える場合があるので聞いてみましょう。

・豆腐

 ほんの少しの挽き肉と混ぜて豆腐ハンバーグが作れます。

相場は3個で100円程度です。

・こんにゃく

低カロリーで食物繊維が豊富なため健康食品の定番です。

相場は1個100円程度です。

・もやし

切る手間なし、洗う手間なしで栄養満点です。

相場は1袋30円で割安ですが、賞味期限が1日なので買ったらその日のうちに使い切りましょう。

・卵

「たんぱく質を摂取する」という観点から言えば、もっとも安いのは卵です。

相場は6個で150円程度です。

実践!自炊レシピで料理

今まで紹介した安くてお得な食材を利用したワンルームナビ編集部が厳選した「おかず5品」をピックアップして、ご紹介していきます。

おかず5選

鶏むね肉のソテー♪ガリバタ醤油レモンで

3202636b2290d489f87371549eee5380ガリバタ醤油で味を調え、レモン汁でさっぱりとさせ、ご飯と合う味に仕上がります。

◆材料(1人分)◆

鶏むね肉:1枚  クレイジーソルトまたは普通の塩コショウ:適量  にんにくのみじん切り:1~2個分  バター:10グラム  醤油:小さじ1  レモン汁:大さじ1  あればドライパセリ:適宜

出典:クックパッド

ヘルシーふっくら おからと鶏のハンバーグ

2348ebc015fa53add17485663f55189b鶏のひき肉のハンバーグは、パサっとした食感になりがちなので、おからを入れてふっくら美味しく仕上げました。

◆材料(4人分)◆

鶏ひき肉:150g   玉ねぎ:1/2個 おからパウダー(おから):20g(100g) 水:1/4カップ 卵:1個 しょうが(チューブ):2cm  塩こしょう:適量

出典:クックパッド

野菜たっぷり♪冷ややっこ〈豆腐サラダ〉

86608d623e5dec0a8511fa58212be8cf食欲がなくなる夏場でも食べれる野菜がたっぷり入った冷ややっこです。和風ドレッシングが合います

◆材料(1人分)◆

豆腐:お好み プチトマト:お好み 水菜:お好み きゅうり:お好み 和風ドレッシング:お好み

出典:クックパッド

豚バラ♡大根♡蒟蒻の炒め煮♡

dce8232807ad8d23a7346f11a80c4afc

 

しっかりとした味付けでご飯もお酒も進みますよ。4人分なのでタッパーに入れて作りおき!

◆材料(4人分)◆

豚バラ肉:150g こんにゃく:1枚 250g 大根: 10cm 砂糖:大さじ1 酒:大さじ1 みりん:大さじ3 醤油:大さじ3

出典:クックパッド 

いんげん*人参*もやしの3色炒め

46ab4eb8cb2de91583605369a7940f57もやしと赤・緑系の野菜で彩りよく、おろし生姜たっぷりで風味良く炒めました。

◆材料(2人分)◆

もやし:2掴み位 いんげん:100 g 人参50 g ごま油:大さじ1 おろし生姜チューブ:大さじ1強

 

出典:クックパッド

この他にも簡単・美味しいレシピがありますので、詳しくは「激ウマ!簡単!リピート確実な一人暮らしレシピ30選」をご覧ください。

生活費全般を節約

今すぐ節約できる!一人暮らしで楽に無理なくできる節約術で、詳しく説明しているのでご覧ください。

まとめ

このように、外食やコンビニ弁当などの出費を抑え、一人暮らしの食費を抑える節約法を実践すれば、充実した一人暮らしを始めることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様に寄り添うコンシェルジュとして
お部屋探しの無料メール相談受付中!!

お部屋探しをしていたら、「友達に自慢できるお部屋に住みたい!」「お気に入りのマンションに住みたい!」 などとみなさん考えますよね。

限られた予算内で、皆様が「最高の毎日を送りたい」という希望を叶えるために、

  • 初めての一人暮らしだけど、おすすめの駅から丁寧に教えて欲しい
  • ネットや不動産屋を探しまわるのは面倒くさい
  • 満足する物件がないのではないか

など、お部屋探しに対して少しでも悩み・不安を抱えていらっしゃるのなら、お気軽に無料相談へお問い合わせ下さい。

あなたにぴったりのをお部屋をご提案させていただきます。


お部屋探しの無料メール相談受付中

ご購読にはtwitter、feedlyが便利です

コメントを残す

*

PAGE TOP