一人暮らしで100万円の貯金を目指すコツ28選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
36b58cd13c999e92da03a0cd8ecb5945_s

一人暮らしをしていると、貯金は難しいと思う方も多いですよね?
自分の収入であらゆる支出を賄わないといけないため、どうしても貯金できる額が限られてしまいます。
また、何もかもが自分の自由にできるので、つい欲しいものを買ったりして、貯金に回せなくなったり。
そこでここでは、一人暮らしの平均貯金額から、100万円を貯金する方法について紹介します。

都心人気エリアの賃貸物件が月8万円〜!?

一人暮らしの平均貯金額

他の一人暮らしの人が、どのくらい貯めているのか密かに気になったりしますよね。

金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査【単身世帯調査】」(2014年)によると、一人暮らしの人の平均貯蓄額は774万円、中央値は75万円です。

ここで注目したいのが、「中央値75万円」です。中央値とは低い方と高い方から順番に数えていって、ちょうど中央にある数値のことですので、平均値よりも「中央値」のほうが、実際の感覚に近くなるケースが多いです。

さらに、年代別の平均貯金額を見ていきましょう。

  • 20代
年収 平均値 中央値
300万円未満 101万円 0万円
300~500万円未満 273万円 183万円
500~750万円未満 523万円 150万円
750~1000万円未満 (回答者1人・・・6000万円)
1000~1200万円未満 (回答者1人・・・1248万円)
1200万円以上 データなし
  • 30代
年収 平均値 中央値
300万円未満 165万円 1万円
300~500万円未満 647万円 259万円
500~750万円未満 1108万円 750万円
750~1000万円未満 1503万円 1860万円
1000~1200万円未満 (回答者1人・・・3100万円)
1200万円以上 7005万円 7005万円
  • 40代
年収 平均値 中央値
300万円未満 299万円 0万円
300~500万円未満 601万円 136万円
500~750万円未満 1265万円 690万円
750~1000万円未満 2741万円 2485万円
1000~1200万円未満 3870万円 2240万円
1200万円以上 1863万円 2100万円
 

出典:家計の金融行動に関する世論調査【単身世帯調査】

この表を見ますと、全般的に「平均値」はやや高め、「中央値」はやや低めのケースが多いので、まずは「中央値」を目指して貯金しましょう。

100万円を貯金するコツは?

では、具体的にどんな貯金の方法があるのか、詳しく説明していきます。

生活習慣の見直し20選

日頃の生活で見落としがちな貯金術を心掛けて実践すれば、100万円の貯金はすぐそこです。

無理はしない

自分にムリをすれば、必ずどこかで挫折をして貯金はできません。

大きな出費は出来るだけ回避する

大きな支出を止めれば効率的で、100万円の貯金はすぐそこです。

価値を感じる物にはしっかりとお金を使う

良い物は長く愛用することができるので、結果的に節約することも可能となります。

部屋を断捨離してシンプルライフにする

いらない物を徹底的に捨てるという習慣を持つことで、お金の使い方にも必要なところに集中して使えるようになり、貯金ができます。

断捨離について詳しくは、「5つのステップで出来る!失敗しない断捨離の方法」をご覧ください。

冷蔵庫や玄関を掃除しキレイにする

貯金するにはルーズな性格では上手くいきません。玄関のほか冷蔵庫の中の掃除をしてみましょう。冷蔵庫の中に賞味期限切れの品があふれていたり、同じ物がたくさんあったりしたら要注意です。

ローンを作らない、リボ払いやボーナス払いもムダ

ローンを組むと、毎月決まった期日に金利を含む大金がなくなってしまい、その返済に追われる事になり、貯金できなくなります。

割引券や無料クーポンを有効に使う

普段利用するお買い物などで、割引券やクーポンを有効的に利用すれば、大きく節約できます。

日頃からチラシやクーポンに目を配り、色んな店舗に駆け回り割引券や無料クーポンを使いましょう。

○円割引、○○サービスなどの付加価値を購入の決め手にしない

割引やサービスを意識しすぎると逆に無駄遣いをしてしまう危険性もあるので、使わないものは買わないようにする事も貯金には大切です。

自動販売機でジュースを購入しない

スーパーやディスカウントストアで買えば、同じ350ミリリットルの商品が一本100円未満で買えます。ペットボトルでも一本70円~120円ほどで買えますので自販機よりもかなりお得です。

なんとなくコンビニに立ち寄らない

コンビニに立ち寄ると、雑誌を立ち読みしたり、新製品の棚を覗いたり、なんとなく店内を見て回って余計なものを買ってしまいがちです。

間食はしない

三度の食事は自炊でまかなえるとしても、間食はついついチョコレートなどをコンビニで買ってしまうものです。これを一切買わないように心がけるだけで貯金できます。

飲み会はできる限り断る

一回でも約5000円くらい掛かる飲み会にでてしまうと、一週間の食費が丸々無くなってしまい貯金できません。

できる限り部屋に居ないようにする

特に冷暖房を使うと電気代がかかるので部屋に居ないようにして、図書館や無料の博物館等公共施設で過ごしましょう。

雑誌は買わない

良くても数ヵ月後にはゴミになってしまいますので、雑誌は買わずに図書館で読んだり、友達とシェアしましょう。

本は借りる、もしくは古本屋で買ってすぐ売る

本は図書館で借りることができますし、漫画なら漫画喫茶や貸本屋で借りれます。また、古本屋で一旦買ってすぐに売るなど、買わなくても読む手立ては色々あります。

休日に携帯の電源を切って過ごしてみる

これに耐えられたなら、お金をだらだらと消費しがちな依存型タイプからの脱却ができます。

欲しい物を買う前に1週間ガマンしてみる

これで衝動買いは撲滅できます。欲しいモノはすぐ買うのではなく我慢して、1週間後とかにもう一度本当に欲しいかどうかを考えてみると、意外に買わなくて済むことも多いです。

食材をまとめ買をする

一週間分の献立を全て考えた上でスーパーなどに出かけます。このため、必要な物を必要な量だけ購入できるため、無駄な買い物をしなくてすみます。

また、買い物に車を使うことが多い場合は、一度の買い物で一週間分を済ませてしまうことで、ガソリン代や電気代の節約になります。

さらに、ネット通販を利用する時には、まとめ買いすることによって送料を節約できるケースが多いです。

レシートや領収書をもらうようにする

レシートや領収書を1ヶ月分貯めておいて、しっかりと家計簿に転記すると、全ての支出が分かり、現状を把握できますので、貯金に繋がってきます。

家計簿をつけよう

家計簿をつけることにより、なぜ家計の収入、支出を把握、管理できているはずなのにお金が貯まらないのか、見直して無駄を知ることができます。

毎月の固定費を見直し8選

家賃を見直す

毎月の支出の中で大きな割合を占めるのが家賃です。見直しを行うと大きな節約につながります。

見直しには、大家さんとの交渉するか、引っ越しをする必要となります。

ここでは、家賃交渉術のコツ・方法・タイミングを紹介していきます。

◎入居中に大家さんと交渉する場合のコツ

  • 今住んでいる建物内に空室が出て2ヶ月目以降がチャンス

その部屋の入居者募集を行っているはずなので、まずはその部屋の家賃をチェックしましょう。

募集当初は、きっと今あなたが借りている部屋の家賃と同額程度だと思います。

しかし、これが空室のまま2ヶ月、3ヶ月と続いていくと、不動産会社が入居者を早急に確保したい為に、家賃を値下げすることがあります。

まさにこのようなタイミングで家賃交渉を行うと、かなり高い確率で値引き交渉が成功します。

ただし、ここでは不動産会社に問い合わせを行う時期が重要で、値引き交渉を行うのは、必ず入居者が決まった後にします。

これならば、不動産会社はもう元の家賃に戻すことはできませんので、こちら側の交渉のネタとして使えるからです。

◎引越しをする場合のコツ

交渉しやすい部屋を探す3つの方法

部屋の中には交渉成立しやすい部屋と限りなく不可能に近い部屋があります。まずは、どんな部屋が交渉成立しやすいのか、チェックしていきましょう。

  • 初めから「礼金0円」の部屋

特段悪い条件や理由がないのにも関わらず「礼金0円」の部屋は、おそらく決まり辛いだろうと、大家さんが思っている可能性が高く、交渉が成立しやすい傾向があります。

  • 長く空いている部屋

入居者が入っていない限り、大家さんには収入が入ってきませんので、、交渉が成立しやすい傾向があります。特に即入居できる状態で長くネットに掲載されている部屋は狙い目です。

  • 「バス○分」や「徒歩15分以上」の部屋

駅近部屋に比べて決まり辛いので、交渉が成立しやすい傾向があります。

交渉する3つの方法

実際に部屋を決めたら何を交渉するかが重要になります。

  • 礼金

最も交渉しやすいのが礼金です。

大家さんにとって礼金は最初だけのお金なので、早く決まるのであれば安くしてくれたり無しにしてくれるかもしれません。

また、家賃を下げる場合は現在入居している人との家賃差が問題になりますが、礼金ならクレームにもなりません。

  • 家賃

周りの同じ間取りくらいの部屋と見比べて交渉することが重要です。交渉額としては2000円~3000円引きが目安となり、一般的には5%位、最大で10%くらいまで値引き交渉してみましょう。

  • リフォーム

「エアコンをつけてくれたら」「壁紙を張り替えてくれたら」という条件はのんでくれる場合が多いです。リフォーム自体に高額な費用はかかるものの、大家さんからしたら「どうせいつかは替えるものなので」と考える場合が多いです。

交渉するタイミングは?

焦らずに空気をよみつつベストなタイミングを狙いましょう。家賃交渉は駆け引きですので、タイミングも重要です。

  • 1月~3月は避けましょう

1月~3月(最も住まいを探す人が多い時期)明けの4月・5月は非常に交渉がしやすいです。

4月下旬あたりで入居者が決まっていない部屋は夏まで決まらないケースも多いので、交渉が成立しやすい傾向があります。

  • 申込書を書き出す直前

申込書を出す直前に「この部屋に決めようか迷っていますが、○○円安くしてくれたら申し込みます」と不動産屋に伝えてみましょう。そうすることで不動産会社も大家さんに「安くしてくれた借りたいという人がいます」と、現実味をもって交渉してくれるので、交渉が成立しやすい傾向があります。申込み後の審査を通ってからでは契約を結んだ以上、安くする必要がなくなる為、遅いです。

部屋探しについて詳しくは「初めてでも失敗しない、一人暮らしの部屋探しをプロが伝授」をご覧ください。

食費を見直す

生活費の中で一番削りやすいところが食費です。

考え方を改めたり日常行動を改善すれば、すぐにムダな食費が減らせます。

  • 野菜は良心的な八百屋さんで買う

  • 普段から利用するスーパーの値段をチェックする

  • 買ってきた野菜類や肉類は冷凍保存しましょう
  • お昼ご飯はお弁当を作りましょう

  • 鶏のむね肉、おから、豆腐、こんにゃく、もやし、卵など安い食材を選んで自炊しましょう

公共料金を見直す

公共料金の払い方をクレジットカードに変えるだけで年間2万円程度のお金が貯金できます。

クレジットカードによってポイントの還元内容は様々ですが、キャッシュバックがあるカード会社や商品券がもらえるカード会社など特典があります。あなたに合ったカード会社を選ぶことで貯金ができます。

その他の見直しは、個別に説明していきます。

電気代を見直す
  • 生活スタイルに合わせて上手く電気料金プランを変更すれば、電気代の節約が可能です。
  • 電力会社との契約アンペアを生活スタイル合わせて変更することで、電気代の節約が可能です。
  • 日頃の生活習慣を見直せば、電気代の節約が可能です。例えば、お風呂のお湯の沸かし方を見直したり、エアコンの使い方の見直しで節約することができます。

電気代の見直しについて詳しくは「知って得する!一人暮らしの電気代の平均額と節約法」で詳しく説明しているので、ご覧ください。

ガス代を見直す
  • プロパンガスの場合、ガス代の節約が可能です。なぜなら、プロパンガスの販売会社を変更することができ、それによって料金を交渉してガス代を下げることができます。
  • 日頃の生活習慣を見直せば、ガス代の節約が可能です。例えば、シャワーを浴びる時間を決めたり、お湯をためる時は、40℃を目安にしたり、追い焚きはしないするなど工夫一つでガス代を節約できます。

ガス代の見直しについて詳しくは、「新発見!一人暮らしガス代が高い理由と節約への近道」で詳しく説明しているので、ご覧ください。

水道代を見直す
  • 水漏れのチェックをすることで、水漏れをしていた場合は修理することで水道代を節約できます。

  • 日頃の生活習慣を見直せば、電気代の節約が可能です。トイレ、風呂、炊事、洗濯の際に節約すると水道代の節約になります。また、節水グッズや節水コマを使えばさらに節約できます。

水道代の見直しについて詳しくは「今日からできる!一人暮らしのお得な水道代節約法」で詳しく説明しているので、こちらをご覧ください。

通信費を見直す

携帯代やスマホ代はもちろん、インターネット通信料は、契約プランによって基本料金が決まります。そこに使用量に合わせた料金が上乗せされた料金が支払い金額となります。

最近は「使い放題」などといったサービスが一般的となり、契約プランを見直すことによって通信費の割合を減らすことができます。

一度、携帯電話ショップや電気量販店に行って確認してみましょう。

通信費の見直しについて詳しくは「一人暮らしに最適なインターネット環境とは」で詳しく説明しているので、こちらをご覧ください。

保険料を見直す

保険料は一度見直せば、たいがいは保険料が上がることはありません。見直したり契約のし直しの手間はあるものの、1回見直せばそれで終わりなので、貯金のために見直してみることをおすすめします。

最近では新しい保険会社が日本に進出し、多種多様な商品を販売しているため、商品によっては今までと全く同じ保障で保険料だけ安くすることも可能です。一度、保険の見直しができるショップに行って確認してみましょう。

  • おススメショップ

保険の見直し本舗

保険の窓口

何もしなくても貯金ができる方法

最初にちょっとした手続きを済ませてしまえば、あとは自動的にお金が貯まっていく方法です。

その方法とは、銀行や金融機関で行っている貯蓄預金(スイングサービス)です。

ある口座に入っているお金を、一定の条件で別の口座に振り替えてしまう方法のことで、サラリーマンなど、毎月安定した収入がある人向けの貯金方法で、一度手続きしてしまえば自動でお金が貯まっていくので便利です。

給与から自動的に天引きしてくれるので、自分が手を付けてしまう恐れがない貯金方法です。

この方法を実践するには、こちらをご覧ください。「みずほ銀行の貯蓄預金」「三井住友銀行の貯蓄預金

まとめ

このように、一人暮らしの人が貯金をするうえで大切なのは、少額を長期間コツコツ貯めることができる生活を送ることや日頃の生活の見直しが必要です。

こうした、取組をするだけで、一人暮らしでも100万円貯めるこができます。すぐに実践してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様に寄り添うコンシェルジュとして
お部屋探しの無料メール相談受付中!!

お部屋探しをしていたら、「友達に自慢できるお部屋に住みたい!」「お気に入りのマンションに住みたい!」 などとみなさん考えますよね。

限られた予算内で、皆様が「最高の毎日を送りたい」という希望を叶えるために、

  • 初めての一人暮らしだけど、おすすめの駅から丁寧に教えて欲しい
  • ネットや不動産屋を探しまわるのは面倒くさい
  • 満足する物件がないのではないか

など、お部屋探しに対して少しでも悩み・不安を抱えていらっしゃるのなら、お気軽に無料相談へお問い合わせ下さい。

あなたにぴったりのをお部屋をご提案させていただきます。


お部屋探しの無料メール相談受付中

ご購読にはtwitter、feedlyが便利です

コメントを残す

*

PAGE TOP