5つのステップで出来る!失敗しない断捨離の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2db6173b2917e2da3ebfc79e66484826_m

最近良く「断捨離」という言葉を聞きますが、失敗しない方法を探していませんか?

「断捨離」は、いざ取り掛かかってみると、なかなか手を付けられなかったり、捨てることをためらってしまうことがほとんどです。持っているものの多さを実感しながらも、なかなか手放すまではできない人が多いと思います。

今回は、部屋も心もすっきりとする、失敗しない「断捨離」の方法について、必要な手順とポイントをお伝えしていきます。

都心人気エリアの賃貸物件が月8万円〜!?

なぜ捨てられないのか

どうして捨てたいと思ってもなかなか捨てられないのでしょうか。

その理由は、もったいないと考えたり、まだ使えると思ったりと考えてしまうからです。

捨てたいのに捨てられないもの

捨てたいのに捨てられないのは、主役が「もの」になってしまっている状態だからです。

「せっかく気に入って買ったものなのに」「これ結構高かったんだよなぁ」「あの人からもらった大事なもの」などといった感じです。

ただ本当に必要なものなのか考えることが大切です。

実際には、貰い物を捨てることができないのは他人の目を気にし過ぎているからであり、思い出を捨てられないのは「あの頃は良かった」という過去に執着しているからです。

この状態から離れて、「自分にとっては必要かどうか」という点を軸に考えることが大切です。

また、今それが本当に必要なのかを見極めることで、残しておいた方がいいか、手放した方がいいかがはっきりとわかってきます。

断捨離の効果が見えづらい

断捨離をしたことがない人は、捨てずにとっておいてもいいのでは、と考えてしまいがちです。

断捨離の効果は、空間や時間にゆとりが生まれることで、心のゆとりに繋がるといったことです。

断捨離をはじめて、大事なものを思い切って手放したとしても、目に見える何かが手に入るというわけではありません。ただ、ゆとりが生まれ、気持ちが楽になることで前向きになっていきます。

一度始めた人が癖になるように、断捨離をするのはいいサイクルで生活ができているからかもしれません。

断捨離実践のための5つのステップ

では、実際に実践するための方法をお伝えしていきます。

考え方を変える

断捨離の基本ともいえる部分です。手放すことをもったいないと思っていては、いつまでも断捨離は成功できません。

  • 使えるかではなく、使っているかどうかを考える。
  • 捨てる時に迷ったら捨てると考える。
  • 今の自分にとって必要かどうかを考える。

共通して言えることは、手放したら自分に影響が出てしまわないかということです。そのモノがあれば自分の生活は豊かになるのかを考えながら、自分に必要かどうかを自問自答していきましょう。

ただ単に手放すのではなく、「何を残し、何を捨てるか?」を考えることで、モノを通じて自分と向き合う事ができるようになっていきます。

一度全部出してみる

断捨離する場所のものをとりあえず全部出してみましょう。すべて出し切ることで、自分が持っているモノの量を把握します。

おそらく、こんなものもあったのかと思うこともあるでしょう。出し切ることで、本来あるべき姿を再度見直せます。

例えば、クローゼットの中であれば、本来どのくらいの大きさだったかを再認識できるでしょう。そのうえで、断捨離を進めていけば、気に入ったもの・使うものだけが揃う素敵な空間に仕上がるでしょう。

そして始めるときはものが少ない場所から始めるといいでしょう。なぜなら、手放す感覚を身に着けることができるからです。

財布の中身などほんの小さな場所からでも構いません。モノが少ない分、簡単に効果を実感できるでしょう。

例えば財布であれば、一度全部出してみて、ポイントカードやクレジットカードを整理していきます。最低限必要なものはどういうものかを、やりながら実感していくのもいいかもしれません。

仕分ける

全部出してみたら仕分けをしていきます。「いるもの」・「いらないもの」・「どちらともいえないもの」に分類していきます。

コツとしては、毎日使っている、毎週使っている、などいつ使っているかを明確にしていくと仕分けもスムーズになります。

1ヶ月以上使っていなかったら「いらないもの」に分類し、捨てていきましょう。

そして、「どちらともいえないもの」を再度仕分けるいう作業を、間隔を少しあけて同じことを繰り返します。

一番煮え切らない「どちらともいえないもの」を最終的に減らしていくことが仕分けの一番のポイントになっていきます。

捨てる

仕分けていったらどんどん捨てていきます。捨てるまでが断捨離なので、面倒くさがらずに思い切って捨てて行きましょう。

特に捨てていくなかで一番難しいのは大切な思い出の品物などです。

過去の執着から離れることが断捨離の「離」の部分に当たりますが、断捨離を始めたばかりの方は、思い出の品は、どうしても手放せないことが多いです。

そのような場合は、データや写真にとって残します。思い出はデジタル化しましょう。そして、再度断捨離を行うときには、データにとってあるものも手放せるようになっているはずです。

◆写真などの思い出

写真にとって画像として残します。データとして残しておけば、物の量自体は減ります。ただ、徐々にそのデータも断捨離した方がよいでしょう。また、思い出は誰かに話すことによって、より深く自分の中に残っていきます。形になっていなくても、思い出は残せるのです。

◆本や書籍の場合:BOOKSCANを利用する

1冊100円から依頼可能です。スキャンしたPDFは、アイフォンやアンドロイド携帯、kindleなどの様々な端末で閲覧できるようにチューニングしてもらえます。

買取業者紹介

今まで使ったもの・実際には使っていなかったものは買い取ってもらいましょう。今は、ごみの回収にもお金を取る時代ですから、買取業者を使いながら効率よく手放しましょう。ただ捨てていくよりも誰かの役に立っていると感じられますし、お金にもなるので積極的にやりましょう。

◆洋服の場合:H&M

H&M全店で古着回収サービスを行っています。

古着を持ち込めば、500円分のクーポン(3000円以上の購入で500円割引)をもらえます。

H&Mのブランドの服だけでなく、どんな服や布製品でも持ち込みが可能です。

◆家具・家電など全般:リサイクルジャパン

出張買取サービスを行っている会社です。

出張費・査定費用は無料になり、買い取れなくても商品の回収処分も行っています。

メールまたは電話にて問い合わせるだけで、自宅に来ていただけます。即日現金で買い取ってもらえるのも大きなポイントです。

◆フリマアプリ:メルカリ

スマホがあるだけで、全国版のフリーマーケットに出品できます。

自分で値段をつけ、全国のアプリ登録ユーザーにアピールできます。

小物や本など、使わなくなったものを欲しい方に売れるので、手放す方も嬉しいアプリです。

断捨離失敗の要因と継続のポイント

どうすれば断捨離は継続できるのでしょうか。失敗を元に継続できるポイントを探していきましょう。

断捨離の失敗要因

なぜ続かないのか

続かない原因は、ダイエットと同じように、断捨離もリバウンドの可能性が潜んでいます。ものを手放したことによる物欲の解放。せっかく捨てたのに、再度買い直してしまったというケースが一部ではみられるようです。

断離のリバウンドの原因は捨てなきゃいけないという感覚の人がおちいりやすいようです。

つまり、無理をして手放していたり、しんどさを感じるときはリバウンドをしやすいです。

なので、無理せず自然体で、断捨離を行うことが重要です。断捨離だからと言って、無理して捨てることはないと思います。

一日でやらなければいけないものではないので、納得のいく形で断捨離を行いましょう。

断捨離継続のポイント

いらない物を増やさないことが重要です。

たとえ買ったとしても、その分手放した方が良いでしょう。大切なものは必ず身近にあります。気に入ったものを長く、大事に使うこと。これを繰り返すことで考え方が変わってきます。 

まとめ

断捨離の効果は、生活リズムが良くなったり、前向きになったり、時間効率がよくなったりします。

失敗しないためにも、きっかけを自分自身で作り、効果的な方法で断捨離を行いましょう。

大事にモノをとっておくというより、必要なモノを長く大切に使っていくことが本来の「モノを大切にする」という考え方なのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様に寄り添うコンシェルジュとして
お部屋探しの無料メール相談受付中!!

お部屋探しをしていたら、「友達に自慢できるお部屋に住みたい!」「お気に入りのマンションに住みたい!」 などとみなさん考えますよね。

限られた予算内で、皆様が「最高の毎日を送りたい」という希望を叶えるために、

  • 初めての一人暮らしだけど、おすすめの駅から丁寧に教えて欲しい
  • ネットや不動産屋を探しまわるのは面倒くさい
  • 満足する物件がないのではないか

など、お部屋探しに対して少しでも悩み・不安を抱えていらっしゃるのなら、お気軽に無料相談へお問い合わせ下さい。

あなたにぴったりのをお部屋をご提案させていただきます。


お部屋探しの無料メール相談受付中

ご購読にはtwitter、feedlyが便利です

コメントを残す

*

PAGE TOP