実はあまり知られていない。定期借家契約の注意点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
17cfd3ed5819ac977c2c0e4c6d30b760_m

実際に賃貸マンションに住んでみて、実は定期借家契約だった!なんて人は少なくないと思います。ちょっと賃料が安かったから住んでみたものの、意外なところで困ってしまったこともなくはないはず。

今回は、定期借家契約とは何か。そしてその注意点をお伝えします。

都心人気エリアの賃貸物件が月8万円〜!?

定期借家契約とは

定期借家契約とは、期間を定めがある賃貸借契約で、契約満了時に更新されることなく契約が終了(再契約は可能)する契約となります。

◆契約期間

期間は自由に決めることが出来ます。また、契約期間が終了した時点で契約が終了するため、更新はできません。

ただし、賃借人・賃貸人の双方の合意で再契約することが出来ます。

また、契約期間が1年以上の場合は、期間満了の1年前から6か月前までの間に、「期間の満了により賃貸借契約が終了する」旨を通知する必要があります。

◆契約について

契約期間を定めたうえで、必ず公正証書などの書面により契約をする必要があります。また、契約書とは別にあらかじめ書面を交付して、契約の更新がないこと・期間の満了と共に契約が終了することを事前に説明しなければなりません。

◆解約をするとき

床面積が200㎡以下のものは、やむを得ない事情があれば、賃借人から1か月前の申し入による中途解約が認められています。また、契約書に中途解約の特約があればその定めに従って、解約をすることもできます。

普通賃貸借契約との違い

一番違うのは、賃借人の正当事由がなければ賃貸人は更新を拒むことが出来ない点です。

契約期間の不確実な普通賃貸借に比べ、契約期間や収益の見通しが明確です。大家さんからすれば、転勤期間中など期間が決まっている場合はおおきなメリットになります。

借り手のメリット・デメリット

では、借りる人にはどんなメリット・デメリットがあるでしょうか。

2076020872f27b6711af28cc2a3b842b_m

◆メリット

・賃料等が低めに設定されている。

入居期間が決まっていて、原則として再契約が出来ません。借りようとする方の障害が多いため、賃料は比較的低めになっています。

・更新料が不要

普通賃貸借は契約期間が2年になっていることが多いので更新時は更新料がかかりますが、定期借家契約はあらかじめ期間が決まっているため、更新料はありません。

※期間が3年の場合などのときは、更新料はありませんのでお得です。 

◆デメリット

・更新が出来ない

いくらその物件が気に入っていても、決められた期間しか住めません。原則的に更新はできません。

既に住んでいる人はここを注意!!

中には定期借家契約とは知らずに住んでいる方もいるかもしれません。

事情により、突然解約したくてもすぐにはできません。申し入れをしてから1ヶ月を経過しないと賃貸借契約が終了できません。また、大家さんが住む事になっているなどの理由で再契約が出来ないケースもあります。

契約時の書類をもう一度目を通し、ご自身の契約内容を確認しておくことが大事です。

まとめ

普通借家契約と定期借家契約は大きく違ってきます。ただ、自分のライフスタイルやライフプランに合った選択がしやすくなってきています。賃貸マンションに住む際には、物件の良し悪しだけではなく、契約時にも注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様に寄り添うコンシェルジュとして
お部屋探しの無料メール相談受付中!!

お部屋探しをしていたら、「友達に自慢できるお部屋に住みたい!」「お気に入りのマンションに住みたい!」 などとみなさん考えますよね。

限られた予算内で、皆様が「最高の毎日を送りたい」という希望を叶えるために、

  • 初めての一人暮らしだけど、おすすめの駅から丁寧に教えて欲しい
  • ネットや不動産屋を探しまわるのは面倒くさい
  • 満足する物件がないのではないか

など、お部屋探しに対して少しでも悩み・不安を抱えていらっしゃるのなら、お気軽に無料相談へお問い合わせ下さい。

あなたにぴったりのをお部屋をご提案させていただきます。


お部屋探しの無料メール相談受付中

  • カテゴリー:賃貸

ご購読にはtwitter、feedlyが便利です

コメントを残す

*

PAGE TOP