これを見れば一目でわかる!一人暮らしの手続きリスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
手続き

引っ越しをするにあたって、様々な手続きが必要となってきます。いつ、なにを、どこで、どのように行っていけばいいのでしょうか。一人暮らしだとなかなかできない様々な手続き。仕事をしているとなおさら面倒ですよね。そんな方向けに引越し前と引越し後に関する手続きをまとめました。

都心人気エリアの賃貸物件が月8万円〜!?

引越し前の手続き

役所の手続き

●転出届の提出

今住んでいる市区町村役場の窓口で転出届を提出し、転出証明書をもらいます。多くの役所では実際の引っ越し日の14日前から受け付けています。署名・捺印をするので印鑑をお忘れなく。その時にもらう「転出証明書」が引越し先の役所で必要になってきます。

※郵送での手続きも可能中目黒場合があります。市町村役場のホームページにある住民異動届を印刷し、役所に郵送。

併せて、本人確認書類(免許証など)・返信用封筒(切手をつける。現住所か新住所の宛先のみ)・印鑑登録証・国民健康保険証を送付してください「東京都港区参照

●印鑑登録

実印登録をしている場合、廃止の手続きが必要です。基本的には転出届の提出と同時に消滅しますが、一部の役所では転出届の提出と印鑑登録証の返却を行うことで消滅というケースもあります。

●国民健康保険

国民健康保険に加入している場合のみ。同一の市区町村内での引っ越しの時は不要です。印鑑・国民健康保険証・身分証明を持参して、保険証の返却の手続きをしてください。主に自営業者の方の手続きになりますので、会社員の場合は会社で手続きをしてくれます。また、学生の場合は、引越し先で「遠隔地に住む学生用保険証」が発行され、家族と同じ世帯の一員として保険証が交付されます。

公共料金の手続き

●電気

住んでいる営業所に連絡をして、引っ越し日の料金の支払方法も確認しておきましょう。東京電力の場合ですと、前回の検針日から引越し日までの日割りの料金になります。現場で支払いも可能ですが、タイミングが合わなければ今まで通りの支払い方法で請求が来ます。また、インターネットやFAXの手続きなら24時間受け付けをしています。

・東京電力ホームページ:https://www2.kakeibo.tepco.co.jp/nsp/request/WA  

・関西電力ホームページ:http://www.kepco.co.jp/home/service/move/

●ガス

東京ガスの場合は、メーターガス栓を閉める作業があるため引越しの1週間前から2日前までの申込が必要です。最後の検針日から利用中止までの間のガス料金の精算をします。口座振替・払込書で支払い・作業時に支払いの3パターンがあります。

●水道

東京都の場合、東京都水道局に利用の中止届を引越しの3〜4日前までに、お客さまセンターへご連絡するか、インターネットからの申込をします(検針票を参照)。届出をしないと使用していなくても基本料金が取られてしまいます。

水道使用中止届:https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/tetsuduki/madoguchi/pdf/stop_23.pdf

郵便局での手続き

●転送届

お近くの郵便局に「転送届」を出しておくと、1年間旧住所あての郵便物を新住所に無料で転送してくれます。様々な手続きがある中でタイムラグが起こってしまいがちですから、このようなサービスは有効に使いましょう。本人確認書類・旧住所が確認できるもの(免許証やパスポートなど)または、官公庁が発行した住所の記載があるもの。

インターネットでの受け付けも出来ます:郵便局の転送届

引っ越し後の手続き

役所の手続き

●転入届の提出

転出時にもらった転出証明書と印鑑・本人確認書類(免許証など)が必要になります。注意点として、引越した日より14日以内に手続きをしないと5万円以下の過料を科せられる場合がありますのでご注意ください。また、同一市区町村内での引っ越しの時は14日以内に転居届を提出する必要があります。

●印鑑登録

登録する印鑑・本人確認書類が必要。委任状があれば、代理人でも申請が可能。引越しから14日以内の手続きが必要です。転居後は何かと印鑑必要なケースがありますので、転入届と一緒にスムーズに手続きをしましょう。

●国民健康保険

こちらも印鑑と転出証明書が必要になってきます。こちらも14日以内の手続きが必要になります。速やかに届け出をしないと病院などで大変なことになります。

これらは役所でまとめて出来ますので、時間を取って1日で済ましてしまいましょう。

公共料金の手続き

引っ越し前後は慌ただしくなるので余裕をもってやりましょう。

●電気

新しい転居先に電力会社の申込用紙があります。電気使用開始通知書を電力会社宛に投函し、ブレーカーを挙げて利用開始。始める際は特に大きな手続きはありません。

・東京電力の場合:https://www2.kakeibo.tepco.co.jp/nsp/request/WA 

・関西電力の場合:http://www.kepco.co.jp/home/service/move/

●ガス

新住所のガスの開栓には立会いが必要です。使用開始希望日の1週刊程度前に立会いの申込をしてください。また、本人の立ち合いが難しい場合は、代理人の立会いも可能です。当日は、正常にガスが使用できるかどうかの慎重な作業をします。お支払方法(払込み・口座振替・クレジットカードの選択)の確認もします。

東京ガスの場合:http://home.tokyo-gas.co.jp/userguide/khsn_kh.html?sscl=hikkoshi_khsn

●水道

利用開始の3~4日前までにお住いのエリアの水道局に使用開始の手続きをしてください。水道開始申込書はこちら。

警察での手続き

●運転免許証

最寄りの警察署または運転免許試験場にて運転免許証の住所変更の手続きを行います。印鑑・住民票・今ある運転免許証を持っていきます。他の都道府県に引越す場合には写真1枚(3.0×2.4センチ)も必要となります。原則本人ですが、代理人申請することもできます(申請者と代理人が併記された住民票が必須)。更新の通知が分からなくなってしまうので、早めに手続きをしましょう。

銀行での手続き

銀行の窓口はもちろん、電話・インターネット・郵送でも手続きが可能です。代理人による手続きや引越し前の手続きはできませんのでご注意下さい。来店時は通帳と届出印が必要になってきます。最近はインターネットバンキングのサービスも便利です。スマホ用のアプリもありますので、引越しを機に入っておくのはいかがでしょうか。

勤務先・学校での手続き

●住所変更の連絡

勤務先や学校にも住所変更は連絡しておきましょう。特に厚生年金・健康保険に加入している場合は、勤務先から住所変更の手続が必要になります。個人的に社会保険に加入されている方は、保険組合での変更が必要になりますので、直接組合に問い合わせる必要があります。

まとめ

スーパーや美容院の会員カード、携帯電話・クレジットカードなども住所が変わるにあたっての手続きが必要です。様々な手続きは連絡を忘れてしまいがちですので、一覧のリストを作っておくと便利です。

一人暮らしチェック項目

また、やることは限られてきますので、1日時間を取って一気にやってしまいましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様に寄り添うコンシェルジュとして
お部屋探しの無料メール相談受付中!!

お部屋探しをしていたら、「友達に自慢できるお部屋に住みたい!」「お気に入りのマンションに住みたい!」 などとみなさん考えますよね。

限られた予算内で、皆様が「最高の毎日を送りたい」という希望を叶えるために、

  • 初めての一人暮らしだけど、おすすめの駅から丁寧に教えて欲しい
  • ネットや不動産屋を探しまわるのは面倒くさい
  • 満足する物件がないのではないか

など、お部屋探しに対して少しでも悩み・不安を抱えていらっしゃるのなら、お気軽に無料相談へお問い合わせ下さい。

あなたにぴったりのをお部屋をご提案させていただきます。


お部屋探しの無料メール相談受付中

ご購読にはtwitter、feedlyが便利です

コメントを残す

*

PAGE TOP